ゴクリッチは授乳中や妊娠中も飲める?2つの成分から安全性を検証!

ゴクリッチは授乳中でも飲める?2つの成分から安全性を検証!

 

授乳中や妊娠中の栄養補給として青汁を始める方も多いのではないでしょうか?

 

基本的には幼児や赤ちゃんには問題ないようですが、自分だけの問題ではないので神経質になってしまいますよね。

 

そこで、授乳中や妊娠中に摂取してはいけないと言われている2つの成分がゴクリッチに含まれているのかを調べてみました。

 

 

 

授乳中や妊娠中にNGの成分

 

授乳中や妊娠中には飲んではいけないとされている2つの成分があります。

 

 

  • カフェイン
  • キトサン

 

 

市販の青汁などにはこの成分が配合されている事があり、授乳中や妊娠中に飲むと幼児に危険が及ぶ可能性があります。

 

そこで、ゴクリッチは安心して飲める青汁なのかどうかをチェックする事に。

 

 

カフェイン

 

 

 

授乳中や妊娠中にカフェインを摂ってしまうと、そのうちの1%が母乳に入り込んでしまいます。その母乳から赤ちゃんにカフェインが移行する事により、

夜寝なくなる
情緒不安定になる
泣く回数が増える

 

このような影響を赤ちゃんに与えてしまい、興奮して夜泣きが酷くなってしまうといった症状がおこります。そこで、ゴクリッチの成分をすべてチェックしてみたところ、ゴクリッチにはカフェインは含まれておらず、問題なく飲めることが分かりました。

 

 

また、カフェインというとコーヒーをイメージする方も多いと思いますが、紅茶やウーロン茶、緑茶などにも多く含まれています。ゴクリッチには含まれていないので問題ありませんが、授乳中や妊娠中はこのような飲み物を控えるようにしましょう。

 

 

 

 

キトサン

 

 

 

身体の中に溜まっている毒物や脂質などを外に出してくれる効果がある”キトサン”という成分ですが、授乳中や妊娠中に飲むと必要な栄養まで外に排出してしまう場合があるので飲まない方がいいとされています。

 

 

実はこのキトサンも薬局などで売っていて有名な青汁に含まれている場合が多いのです。そこでもう一度ゴクリッチの成分表を見てみると、ゴクリッチにはキトサンという成分が入っていないという事が判明しました。

 

 

そのため、ゴクリッチを授乳中や妊娠中に飲んでも必要な栄養まで排出してしまう心配もなく、毎日飲んでも安心なんですね。

 

結局、授乳中や妊娠中でも飲んでいいの?

 

上記の成分を調べた結果から言って、基本的にはゴクリッチを授乳中や妊娠中に飲んでもとくに問題はなく、安全性は高いと言えるでしょう。ただし、全ての人が問題なく飲めるとは限りません。

 

また、上記の成分が入っていないからといって他の成分や野菜などのアレルギーが出てしまう可能性も0ではありません。

 

 

授乳中や妊娠中はじぶん1人の身体ではないので、ゴクリッチの箱にも書かれているように産婦人科や内科の先生に相談してから飲んだ方が良さそうですね。

 

 

 

⇒楽天・アマゾン・公式価格を比較!