ゴクリッチに危険な副作用?飲まないほうがいい2つのパターンとは

ゴクリッチに危険な副作用?飲まないほうがいい2つのパターンとは

 

基本的には健康食品なので副作用の心配はいらないゴクリッチ。

 

でも、やっぱり購入する前に危険な症状が起こらないか気になってしまいますよね。

 

そこで、成分や口コミを調べてみるとゴクリッチを飲まない方がいい2つのパターンがあることが分かりました。

 

 

自分に当てはまらないかどうかを購入前にチェックしておいてくださいね!

 

 

 

こんな人は飲むと副作用の可能性も!

 

ゴクリッチ青汁を飲むときは2つのパターンに注意しなければいけません。

 

  1. お腹が緩い人
  2. ビタミンの摂取を制限されている人

それでは1つずつ見ていきましょう。

 

 

お腹が緩い人

 

 

 

ゴクリッチ自体にはお腹がユルくなる成分は入っていませんでしたが、普段からよく下痢になるという人はゴクリッチを飲む事でお腹が痛くなる副作用がでる可能性があります。

 

実際に@コスメの口コミを見ると、242件中1人だけ「お腹が痛くなった!」というコメントを見つけました。

 

飲むと下痢になりました 23歳女性

 

始めて青汁を飲みましたがお腹が痛くなりました。

 

元からお腹は弱い方ですが、せっかく購入したのに残念です。

 

また下痢になるんじゃ…と思うと怖くて続ける事ができません。

 

今まで飲んだことがない青汁を飲むことで腸がビックリして下痢になってしまう可能性があるんですね。

 

「自分はお腹が弱いかも…」という方は、初めから1包全部飲むのではなく半分から始めてみるのが良いでしょう。

 

 

 

ビタミンの摂取を制限されている人

 

 

 

ゴクリッチには健康的にダイエットできるように、13種類のビタミンが入っています。

 

ビタミンA・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンK・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミン12・ナイアシン・パントテン酸・葉酸・ビオチン・ビタミンC

 

持病や通院などでビタミンの摂取を制限されている人がゴクリッチを飲むと過剰摂取となってしまい、非常に危険です。最悪の場合は命にもかかわる可能性もあるので絶対に飲まないようにしましょう。

 

2つに当てはまらない人は副作用の心配なし!

 

さきほども言いましたが、基本的にはゴクリッチは健康食品なので副作用無く飲むことができます。ただし、上記に当てはまる人が飲むと下痢や命に関わる副作用がでてしまうのも事実です。

 

また、当たり前ですが早く痩せたいからといってゴクリッチを1日に10杯も20杯も飲んでしまうと栄養の過剰摂取となって下痢や嘔吐、湿疹や頭痛などの副作用がおこる危険性があります。

 

 

特に摂取量は決められていませんが飲みすぎには注意しましょう。

 

 

 

>>公式・アマゾン・楽天の価格を比較!